まず料金体系をよくチェック!

様々な事情によって、レンタル倉庫を探している方もいることでしょう。ただし初めての方にとっては、どんな倉庫ならば自分に最適なのか、実際に利用していみないとわからないことも多いはず。そこで倉庫選びのチェックポイントをあらかじめ知っておくと、自分に最適な倉庫を見つけやすくなるかもしれません。

まず誰もが気になるのが料金のことではないでしょうか。倉庫のタイプや運営する会社ごとに料金体系も幅広く様々ですが、月々の料金が安いからといって、直ぐに飛びつくのは禁物。運営会社によっては敷金や礼金あるいは保証金など、初期費用が高くつくケースもあります。まず料金体系がわかりやすく、初期費用がどれくらいかかるのかよくチェックすることが大切です。

安心できるセキュリティ体制がある?

レンタル倉庫を利用する方の中には、高価な物品を預けるケースもあるはずです。そうなればセキュリティのきちんとした、安心できる倉庫を選ぶのが当然。建物や敷地への出入りにはセキュリティカードが必要か、内部には防犯カメラを完備し、スタッフの定期巡回があるのか、さらに万が一の際にはプロの警備会社が急行したり、保険や補償制度も整っているのか等、よく調べてから利用契約を結ぶことが求められます。

どんな物でも保管状況は万全?

レンタル倉庫に預ける物品の中には、衣類や精密機器あるいは美術品や書籍など、温度と湿度に細心の注意を払うべきケースもあります。このような物品を預けたい方は、万全の保管体制を整えた倉庫を選ぶべきでしょう。例えば全館で温度や湿度を24時間管理できる空調システムを導入し、室温コントロールで結露回避や防カビに力を入れている、ビル型の倉庫などはおすすめです。

物流とは生産者から消費者へ商品を受け渡す過程のことを言いますが、商品の配送のみならず、包装や保管なども含まれます。

Menu